SERVICES

耐火被覆工事

創業以来のプロフェッショナルとして
高品質・短納期の
巻付け耐火被覆工事を実現します

耐火被覆工事は、鉄骨建築の主要構造部を火災による崩壊から守る、建築基準法にも規定されている必要不可欠の工事です。鉄骨は火災時に軟化し、建物の荷重によって床が落ちたり、鉄骨が曲がって倒壊するおそれがあります。
耐火被覆工事を鉄骨に定着させることで、火災時の熱から鉄骨の軟化を防ぎ、人命の保護、建築物の安全確保に求められる耐火性能を確保することができます。
伏見工業では、いくつかの工法があるなかで巻付け工法(巻付け耐火被覆工事)を主に実施しています。巻付けタイプの耐熱ロックウール耐火被覆材を使用し、発塵も残材も少なく作業環境を改善します。他工事との並行作業も可能となり、工期短縮と廃材処理業務の低減を実現します。

※ 耐火被覆工事にて使用するスポット溶接機につきまして、当社で修理・レンタルも行っておりますのでお問い合わせください。

巻付け耐火被覆工事では、このような溶接機を使用します

耐火被覆工事の様子

内装工事

ケイ酸カルシウム板などの工事
行っています。
  詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせCONTACT

03-3471-4468

お電話でのお問い合わせ

受付時間:8:00 ~17:30

TELは
こちらから
メールでの
お問い合わせはこちら
メールは
こちらから